どうしよう?土地の売主亡くなった!

先日、お客様から賃貸マンションに入居者が決まったので、ハウスクリーニングをしてほしいという電話ありました。
さらに、7月26日に入居するというのです。
25日にはクリーニングの完了してほしいととのこと。
早速、工務担当にハウスクリーニング業者の手配を頼んで、いつもの営業活動に出かけようとしたとき、またまた別のお客様から電話です。
「もしもし!大変だ!!大変なことがおきた!!!」慌てた様子です。
(どうしました?)実は土地を売買契約していた売主が急に亡くなったというのです。
話しを良く聞いてみると、今日が中間金の支払い日だったため連絡をとろうと何度も電話をしても電話に出ないので売主の所まで行って見たら???救急車やパトカーが来ていて・・・・・・・ 状況確認をすると自宅で倒れて亡くなったというのです。

「売主の方はふだん血圧が高かったようです」これからどうなるのか、相談したいので急いで来てくれ!お客様は大変困った様子です(落ち着いて下さい!分かりした今からすぐに向かいます)今日の予定を変更してお客様の所まで急行です。
(落ち着け、落ち着け)と自分に言い聞かせた。長年の営業活動の中で初めての経験です・・・・・・)

お客様は慌てているので、私は冷静に相談にのりました。
いろいろ説明を聞きながらこれからどうすればいいのか考えました。
そこで、(専門家に相談しましょう)私は、司法書士に連絡入れてお客様と同行しました。
お客様はどのように聞いたら良いのか、また専門家の話しを聞いても良く理解ができないと思ったからです。
私の勉強にもなります!司法書士の話しでは、本人が亡くなっても契約の履行はできますよ、心配いりません。
所有権移転まで少し時間がかかりますが大丈夫です。
これを聞いてお客様も私も一安心しました。これから何をしたらいいのか説明を聞き、まずはほっとして司法書士事務所をでました。
これからどうすればいいのか?ということですが、親族の戸籍謄本と委任状そして印鑑証明があればいいとのこと、本人亡くなったことを証明する除籍謄本も必要です。この除籍謄本は、約2週間位かかるそです。
それから手続きができるそうです。

話しを聞いて私も、大変勉強になりました。
亡くなれた売主のかた心からご冥福をお祈りいたします・・・・・・。 

 ハウスクリーニングのことはまた明日投稿します!
[PR]
# by houmuhaiji | 2006-07-25 20:47 | その他

ブログは営業活動より大変です!

ブログ始めて、1週間です。
パソコンは初心者、そんな営業マンがブログに投稿するだけで大変です。
何とか投稿内容が出来上り、次に進める作業?


「トラックバックしろ!」 

私の先生は指導してくれますが?それ何、手取り 足取りおしえてくれた。

「ほれ、やって見ろ!」・・・私は???

「さっき教えたべ」先生はいうのです。

「え???」

しかたなく先生は「画面を出しながらメモしておけ!」だって。

そこで、私は投稿内容完了後 トラックバックの方法は、カテゴリーその他にする、住まいのアドレス、コピーして、箱に貼り付けて、送信する。と書きました。これで理解したつもりの私。それから、写真の取り込み方について指導を受けました。これで、ブログ一歩進んだべ!どうだとばかりです。私の頭の中、実は真っ白・・・・・・・。ますます真っ白でショートしています。
c0080483_20265058.jpg

■先生が釣ったのではなく私が釣った正真証明の26cmのヤマメです。

「これじゃ進まねな!よし!これから気分転換に釣りに行こう!」ということになりました。
早速、道具を準備して川に真っしぐらです。
川に着いてみると?「なんだか水量たりねーな、天気は最高なんだけど、ま、いいか、まず、釣って見ろ!俺は見ているからよ!」

私は早速、竿をおろしました。ところが、なかなか釣れません・・・・・・・。水量も少ないこともあり、次の場所移動です。
着いた所が、藪の中の川??大変だなーと思いなら、挑戦することになる。
すると!!!!なんと!大きな引きです!!!。
慌てず焦らず、これはデカイ!そこで一気に釣り上げました。
歩くのは大変だけど、もっと奥に行けば釣れるぞ!藪をかきわけ奥に進み???なかなか釣れない???・・・そうなんです、私が進めば魚が逃げる・・・・「水量少ないときの川はむずかしいんだ!」と先生。
実は、パソコン先生、釣りの先生でもあるのです。
「数は少ないけど今日は満足したので帰ろう!」!
早めに帰れたので、早速ブログに挑戦です。
???釣りの前に覚えたこと、釣りに夢中になりすぎ?真っ白・・・・・気分転換のはずの釣り!またまた指導を受けながら何とか投稿完了しました。

建築営業なら教えられるのになー、ノートパソコン買って3ヶ月ブログは初心者、大変です。
[PR]
# by houmuhaiji | 2006-07-23 20:19 | その他

知っていますか?高性能住宅について

昨今、高気密 高断熱住宅はどこの業者でも、当たり前のようになっています。
しかし、その性能が不明確で高気密 高断熱住宅とは名ばかりでの住宅が多く建築されています。

私は、お客様の住宅を分かりやすく車に例えてみました。車には、軽自動車 普通自動車 大型自動車と大きく別れます。これだけで車であればお客様はそれぞれの性能が何となく分かりますよね。
■写真は気密測定、換気風量測定をしている様子
c0080483_17292461.gifそれを、住宅の性能となるといかがでしょうか?高性能住宅とは基礎 構造 断熱 気密のそれぞれの、性能を科学的に製作すること。そしてその性能をしっかりと明確にすることです。製作された住宅については、性能値に基づいて「暖かさ、涼しさ」の環境がきまります。
その性能値を表すために気密性能測定や冷暖房の計画やランニングコストのシュミレーションをします。



さらに、計画換気システムの風量測定をしながら、風量調整されるのです。
1棟1棟測定、検査を行なう業者は残念ながら少ないのが実情!!       
(特に結露防止には風量測定が大切です。)

365日いつも穏やかな空気の流れがあり、冬は春のようにポカポカとした室内環境にあって(暑くもなく 寒くもなく)結露やカビが発生しない健康的な住宅、そんな住宅を      高性能住宅といいます。岩手の気候風土にあった
恵の家  は在来外断熱工法で最高レベルの次世代省エネルギー基準をクリアしています。快適な室内気候を創り出し夏と冬に衣替えができるのです。お客様には高い評価をいただいております。少し難しい話しなりましたが、お客様のマイホーム計画の参考にして下さい。
工法を決めてからでも、間取りや外観などの設計に入ってもいいのです。どこにお金を掛けるかで、建築の予算が決まります。外装や内装にあまりこだわらなければ最高レベルの高性能住宅が格安で出来るかも!私は、そんなお客様との色々なドラマに出会います。また、お客様の夢、住宅相談に営業マンが今日も奮闘中です!!!。
[PR]
# by houmuhaiji | 2006-07-22 13:18

これは事件です!なんだか、むなしい見積もり依頼

お客様から、電話です。業務用 冷蔵庫の天井が落ちたので至急見積もりしてほしいとのこと。早速、お客様に訪問して状況確認と見積もりのための説明をとりあえず受けました。「予算がないので同じように(k工務店で工事したものがあるので見て)見積をして下さい。」という内容です。

c0080483_15143969.jpgえ???冷蔵庫の構造は鉄骨で木下地の天井にスタイロフォーム50ミリを二重に張り更に25ミリのカラーボードを張って断熱された冷蔵庫だったものが、案内された別の冷蔵庫がなんと!!!この天井が全部壊され、新たに木下地の天井を作り16ミリのグラスウールの断熱材に防水シート張り、カラーボードで仕上げられていました。これでは、ごく普通の一般的な住宅に大量の電気を使って無理やりと冷蔵庫として使用することと同じです。
嘘!!!!!信じられません(これではプロの仕事ではありません)。最初に工法を提案し施工をしたk工務店に驚くばかりです。これと同じ内容で見積もってほしいと言われて、私は困りってしまいました。しかたなく、それはそれで同じ工法で見積もりしますが、私からも提案させて下さいとお願いしました。お客様は、「いいよ、急いでやってくれ!」と言われて・・その日は帰りました。
なんとむなしい商談なんだろうと考えながら・・仲間に相談したのです。状況説明しているうちに、「そんな仕事はやめた方がいい!」 そんな声があったりして・・・・しかし、私はいくら予算が無いと言っても冷蔵庫としての性能を何とかしたい。最低限でも今までの断熱材の方がはるかに性能がいいのに何とかしようと、考えました。
まず、天井が落ちた原因はなんだろう?(難しいことではありません。)
断熱性能が良くても、気密性能が低いので結露により結果として天井が落ちたのです。

さらに詳しく説明(クリュクして下さい。)
[PR]
# by houmuhaiji | 2006-07-21 16:05 | リフォーム

お客様の担当する営業マンは?

お客様の担当する営業マンは、どこまで住宅、建築の知識を持っているのでしょか?所属するハウスメ-カーによってかなり差があります。それは何故でしょう。大手のハウスメ-カーの営業マンは全国に対象された企画住宅を販売してるためブランドに弱いお客が多いので、名前だけで商談、そして成約になり工務担当者に渡るという流れ作業、そんなに知識を必要としません。熟練営業マンは少なく若手の営業マンでいいのです。高性能住宅は坪単価60万円が当たり前です。しかし地元の工務店には熟練営業マンが多くそれぞれの工法に自信をもってがんばっています。建築知識もそれなり持っていますが、自社工法だけという人が多いのも事実です。高性能住宅といいますと、お客様はどんなイメージがありますか?展示場を見学に行かれてもどこでも同じように、高気密、高断熱、でオール電化とかという説明を受けると思います。完成された住宅には残念ながら同じ性能の住宅はありません。何故ならば、間取りとか、デザインがそれぞれ違いますし、大工さんにもよります。ここまで、お分かりいただきましたでしょうか?これから、住宅新築をお考えのお客様 担当営業マンによってかなり差が出るあなたの理想住宅、これから少し勉強してみませんか?担当する営業マンとしてどれだけ知識があるか、どんなことにも、基本があります。どうぞこれからも宜しくおねがいもうしあげます。まだまだ続きます
[PR]
# by houmuhaiji | 2006-07-18 13:35 | 新築

プロフィール

c0080483_1158556.jpg自己紹介
長年住宅の新築、リフォーム等に営業マンとしてときにわ現場工務として私の経験したお客様のエピソードを様々な裏話(問題点)を書き込します。担当、営業マンによってかなり違う裏事情私は総合的角度から見ています。これから、新築 リフォーム等をお考えのお客様 ぜひ、参考にしていただきたいと思います。
そして貴方にとって、理想の住宅を手に入れてください。岩手の気候風土なかなか良いかも!
いよいよスタートします。おたのしみに。
[PR]
# by houmuhaiji | 2006-07-14 21:17 | プロフィール

恵の家とは?

恵みの家の説明はこちらをクリックして下さい。
[PR]
# by houmuhaiji | 2006-07-09 17:51 | 恵の家(カタログ)