<   2006年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

横須賀から岩手の高原に新築計画

現在、横須賀に在住のお客様が
岩手の高原に新築計画の打ち合わせです!


c0080483_22522954.jpg今日初めての顔合せでした。
前もってお客様の希望の間取りとか家具の配置など郵送できていましたので、それを基に平面プランを作りました。

その平面プランにより具体的に設計担当者とお互いに確認しながらなごやかな時間です!

ご主人は、マレーシアで大学の教授長くされ今は国の総務省で仕事をしているそうです。

岩手の高原の前は北海道に土地を探したようです!
しかし、
ご主人は子供の頃岩手に父親の仕事の関係で6年間住んでいたということでこれも何かの縁です!

ご夫婦そって山登りが大好きで岩手の高原をみて大変気に入りここにきめたそうです。

とくに奥様は、この地で暮らすことを喜んでいる様子で畑で野菜を作りたいと夢いっぱいです。

ケーキを作ったり、パッチワークしたりと楽しみにしています!
来春の着工予定ですが、いまからワクワクして話すお客様です!

健康的な素材を使った内装にとお客様の希望です。
年内に計画設計が完了し仕様を確認してから見積することになりました。

お客様の喜びが営業マンの喜びです!
お役にたてることを楽しみにしています!

[PR]
by houmuhaiji | 2006-09-28 21:17 | 新築

住宅営業マンが不動産の相談とお世話する!

ただ今、住宅の計画しているお客様の購入しようとしている土地の調査です!

まずは、登記簿謄本からです。
なんと!お客様の希望している土地は抵当権が2社の他、振興局からの差し押までついています!

c0080483_2251174.jpg

そこで、土地の持ち主に状況確認をすることになりました。
すると、売買するために2社の金融機関とは話がついているとのことです。
また振興局からの差し押は話し合い中でまだ解決していないとのこと。

またまた、お節介の営業マンは土地の持ち主に相談を受けました!

More
[PR]
by houmuhaiji | 2006-09-27 19:27 | 住宅相談

解体工事をしながら営業マンの休日!

土曜日で終了予定でしたが、やはり日曜日までかかってしまいした。
これで、解体工事の終了です。


c0080483_22131251.jpg


そんな中で、
希林館自然クラブのKさんと山にキノコ採りにいきました。

キノコの採取風景は↓
[PR]
by houmuhaiji | 2006-09-25 21:12 | その他

今日は廃棄物処理です!

昨日営業マンの仲裁により商談成立しました。

早速、今日は倉庫の中にある廃棄物の処理作業にはいりました!賃借人の立会いの下、作業開始です。
c0080483_21562762.jpg

分類しながら運搬車に積み込みし、けっこう大変なものである。
c0080483_21572395.jpg

今日中には終わりそうもありません。明日は建物の解体に入る予定!
c0080483_2158689.jpg

今日は作業員は5人、明日は倍の10人で何処まで進むのか、もしかして全部終了する?

予定はそのつもりです!全部終了したら最高!それでは皆様もお楽しみに!

営業マンは現場監督に早代わりです!!!
[PR]
by houmuhaiji | 2006-09-22 21:45 | その他

仲裁する!解体は何処まで?

前回の続きです!わがままな大家さんと賃借人との話し合いに営業マンが仲裁する!

賃借人の希望する解体の部分は大家さんの負担が大きいのですが、賃貸契約した条件にもなっていたのです。

大家さんの基本的に解体しようと考えている部分と賃借人の希望する解体部分の差は13坪です。

建物の中には賃借人の廃棄物処理、見積もけっこう高いものになりました!

そこで、営業マンも腹を決めて仲裁する!大家さんにも賃借人にも納得してもらうために両者の意見を聞きながらまずは、賃借人の廃棄物処理費用を決めました。

それなりに値引きをして賃借人をいい気分にしました!しかし私の依頼者は大家さんです。

大家さんも同じ場所で解体する予算について営業マンに交渉してきます。

少し困りましたが営業マンは本音で大家さんに説明していると、なんと!賃借人が味方になってくれました。

大家さんは予算オーバーしているので、営業マンに頼むかどうか解らないと言い出しとき、賃借人は「13坪の解体部分の一部を負担してもいいので、ここで気持ちよく決めましょう!」と言ってくれたのです。

よく話を聞いてみますと、この解体部分について1年前から問題になっていたのでした!

このまま解決しなければ賃借人も困るので、営業マンに協力体制でした。

その結果、賃借人の一部負担ということで大家さんも仕方なく決めてくれました!

大家さんの言い分、賃借人の言い分を全部受け入れた営業マン、それで仕事になるの?

心配して下さる皆様!ありがとうございます。それでもしっかり仕事になります!

全て、産業廃棄物にしないで有効利用、再利用すればあまり予算かけずに解体出来るのです。
これはプレハブの建物ならではの、なせる技。

結局、3者気持ちよく解決して、明日から解体作業の開始です!ありがとうございます。
[PR]
by houmuhaiji | 2006-09-21 21:46 | その他

解体工事の相談です!

お客様は大家さん、事務所や倉庫など数社に貸しています。賃借人から老朽化した
プレハブの事務所と倉庫を解体してほしいと言われたのがきっかけでした。
c0080483_19261457.jpg
賃借する前からのプレハブの建物で、解体して駐車場として使いたいとのことです。





c0080483_1928452.jpg
確認のため、両者と私も立合いです!ところが、両者の意見が合いません!





c0080483_19295576.jpg
賃借する前から建っていた部分について食い違いがあり、ちょっと言い争いがはじまりました。





c0080483_19311230.jpg
大家さんは解体部分が、なるべく少ないほうがいいわけで、賃借人は使っていない部分は多く解体して広く駐車場として使いたいのです。




私の見た限りでは、賃借人のほうが正しいと思います。その部分は構造が一体化した建物で、お客様の言うように解体したら切り離し部分に柱を立てなければいけません。

しかし、依頼者はお客様です!しばらく、様子を見ることにしました。

賃借人はこれを解体したら幾ら掛かるか見積をして見たようです。それなりに解体費が掛かることを知り、これは大家さんの方で解体してもらいたいということです。

賃借人は負担出来る限り自分で解体をしようとして見積をしていたようですが、考えていたより費用が掛かるので仕方なく大家に相談していたのです。

大家も少しは理解したようです!今度は建物の中に、事務機とか資材、段ボール、
古タイヤといろいろな廃棄物があるのです。

それは、賃借人の物で倉庫として使っていた時の古いものでした!

その廃棄物については、賃借人の負担ということで見積をすることになりました。

基本的に大家の負担する解体部分と食い違いの部分そして、賃借人の負担となる廃棄物と3つの見積をすることになりました。

お客様は出費が少なくしたいと、頑張っています。しかし・・・・・

大家さんの気持ちも分かりますが、どうやら賃借人のほうが正しいと思う営業マンです!

こんな時、皆様はどうしますか?
[PR]
by houmuhaiji | 2006-09-19 20:03 | その他

床暖房とパネルヒーターの比較

床暖房とパネルヒーターの比較をしてみました。


f0060569_17402332.jpg気密性能が5cm²/m²以下になると、今までの個別暖房のエネルギー消費量で全室暖房が可能となってきます。

それでも気密性能が2.0cm²/n²以下のの温度環境を体験すると快適な温度環境とはいえなくなります。
高い気密性能の住宅では上下の温度差は2℃前後に抑えられるのに対して、5.0cm²/m²以上の低気密住宅は室内は気流が0.5cm/秒程度発生して、10℃の上下の温度差が激しく変化します。

この室内環境では、暖房機の側で体がほてるような熱さにしないと、暖かく感じられせん。さらに隙間が多いため過剰に空気の出入りがあり、そこにガンガン暖房する訳ですから
極端な乾燥状態になってしまいます。加湿器をいくらたいても解消されません。
そこで気流と温度差を緩和する床暖房の方が快適に感じられます。

一方、
気密性能が2.0cm²/m²程度になると、セントラルヒーティング(低温輻射暖房)が快適な暖房方法になってきます。

このレベルの住宅で床暖房をすると、快適より不快に感じてくるようになります。
一昔前には気密住宅の普及とともに床暖房も普及した時に、お年寄りが床の高い
温度による低温火傷?とか便秘になった例がたくさんありました。

それでも寒さが厳しい岩手でも高気密高断熱住宅を勧めて床暖房も勧めている工務店が多いことも事実です。
(断っておきますが・・床暖房がダメだと言っているのではありません。
住宅の気密、断熱性能でお奨めするべきだと考えています。)


More
[PR]
by houmuhaiji | 2006-09-16 20:01 | 新築

秋田で開発された新断熱材

秋田の断熱工業さんに新開発の断熱材があるということで・・お邪魔しました。
それが写真の「エコプロファイバー」という繊維系の断熱材です。
f0060569_16385064.jpg

これ何から作られていると思いますか?
タイトルで自然系断熱材と書いてありますから
想像して下さい!

答えは「杉の皮」なんです。

秋田県は杉の産地として全国で有名で「秋田杉」は建築材料として親しまれています。
しかしその表皮は(杉樹皮)有効利用がなく廃棄物として山林に捨てられるか、莫大な経費をかけて処理されていました。
そこで有効利用として開発され「室内空気汚染物質吸収断熱材」として特許を取得したエコロジーな断熱材として注目を浴びています。

現在秋田県の公的建物には指定建材になっているほど秋田県では有名ですが全国的には知名度が低いのが現状です。
f0060569_16394118.jpg

ドイツとかスイスではこのような木質建材の製造段階で発生した廃材やリサイクル材をボード状に成形してポピュラーな建材として利用されていますが断熱材として利用されるのは珍しいのではないのでしょうか?

自然系断熱材としてセルローズファイバー、羊毛等がありますが廃棄されるものを有効利用する断熱材としてはこの「エコプロファイバー」が一番ではないでしょうか?

●公的機関による試験データ(JISA5905905)によれば
熱伝導率(W/m.k):0.042以下
施工密度(g/cm²):0.030±2
ホルムアルデヒド吸着率:91.8%
アンモニア吸着率:92%
耐火性:天然系の防然材で防然処理
耐水性:本体自体に発生があり極めて吸水性が低く、カビの発生防止に有効
害虫防止:杉特有の忌避作用でネズミや害虫を寄せつけない効果がある。

●製造元は㈱ゴショノ
●販売元は(有)断熱工業:TEL0187-72-2797 FAX:0187-72-2798
●お問い合わせは住環境アルテ:Email hiroshi@kirinkan.bizまで

色んな断熱材を使用してきましたが、輸入に頼らず、
秋田県で生まれた断熱材に感心している営業マンでした。


****************
※明日の営業の励みになります。
ご協力お願いいたします。
     ↓
にほんブログ村 住まいブログへ  banner2.gif
****************
[PR]
by houmuhaiji | 2006-09-14 01:22 | その他

すごい!RC住宅を自分で!作る?

自分でRC住宅を作っているお客様を紹介してから1ヶ月になります!

何処まで進んでいるでしょう?気になり早速、訪問してみました。

c0080483_19291930.jpg「こんにちは~」と声をかけると、元気に「どうも、いらっしゃい」と返事がかえってきました。

家族3人で作業していましたが、手を止めて迎えてくれました!床暖のパイピングをして、生コンを打ったときの苦労話しが出てきました。
しっかりレベルをだして始めたのに生コンの乾きが早くきれいに打てなかったようです。

c0080483_19313899.jpg
そのため、サンダーで削り下地を調整しながら床仕上げの石を敷いているところでした!

その石の産地はフランスとか、お客様にとって自慢のひとつです!



c0080483_19402133.jpg
隣の部屋には、栗のムク材を貼るそうです。なかなかこの材料も手に入らないものです!

お客様の夢がここにあふれています。今は楽しみと苦労と重荷だと笑いながら話すのでした!


試行錯誤しながら完成した我が家を想像して頑張るお客様の満足度が伺えます!

毎日、こつこつと楽しみながら家を作っているお客様!

本当にすごい!と思う営業マン、感動です!完成が本当に楽しみです!

****************
※明日の営業の励みになります。
ご協力お願いいたします。
     ↓
にほんブログ村 住まいブログへ  banner2.gif
****************
[PR]
by houmuhaiji | 2006-09-12 19:06 | 新築

恵の家で健康!高性能住宅

外断熱の「恵の家」で健康!高性能住宅がも少しで完成します。

c0080483_20374375.jpg
小屋裏の断熱材が見えています。木造在来に何故、外断熱がいいのでしょうか?それは気密性能をしつかり取りやすいからです!




c0080483_20411933.jpg
それぞれのデザインや間取りの違いと、手作りの為、外断熱工法は高気密、高断熱の性能が安定して得ることが出来ます。断熱材は少し高いのですが、性能を創り出す手間がかからないのです!



c0080483_21319.jpg
ムク材を使い健康にも優しい内装です!床材はさくらのムク材を張り少しピンクの色がいいですね。





c0080483_219659.jpg
和室の壁にはホタテの殻を利用した塗り壁です!よく珪藻土が使われていますが、ホタテは八戸工業大学で開発されました。珪藻土と同じように調湿、消臭に大変効果があるそうです!
各所にお客様のこだわりを取り入れ、落ち着きのある仕上げになります。


お客様の満足される笑顔を見るのを楽しみにしている営業マンです!
後もう少しで完成です!しばらくお待ちください。


****************
※明日の営業の励みになります。
ご協力お願いいたします。
     ↓
にほんブログ村 住まいブログへ  banner2.gif
****************
[PR]
by houmuhaiji | 2006-09-11 21:56 | 新築