業界用語(切妻屋根)とは?

日本の建築でもっともポピュラーな屋根の基本形です!

古代では「真屋」ともよばれていました。

一般的に棟から二方向に流れている屋根をいいます。

勾配屋根としてもっとも単純で、雨漏りしにくいのです。

屋根裏の換気も良いので積雪地に向いています。

伊勢神宮などは切妻屋根の代表的な建築物であるといえます。

高性能住宅も気密、断熱と住宅性能がとりやすいことから切妻屋根が多く採用されています。

これから、少しずつ業界用語のワンポイント知識として投稿します!

お楽しみに!

[PR]
by houmuhaiji | 2006-10-21 21:15 | その他
<< RC住宅を自分で!作る? 築70年の家!リフォームプラン! >>