秋田で開発された新断熱材

秋田の断熱工業さんに新開発の断熱材があるということで・・お邪魔しました。
それが写真の「エコプロファイバー」という繊維系の断熱材です。
f0060569_16385064.jpg

これ何から作られていると思いますか?
タイトルで自然系断熱材と書いてありますから
想像して下さい!

答えは「杉の皮」なんです。

秋田県は杉の産地として全国で有名で「秋田杉」は建築材料として親しまれています。
しかしその表皮は(杉樹皮)有効利用がなく廃棄物として山林に捨てられるか、莫大な経費をかけて処理されていました。
そこで有効利用として開発され「室内空気汚染物質吸収断熱材」として特許を取得したエコロジーな断熱材として注目を浴びています。

現在秋田県の公的建物には指定建材になっているほど秋田県では有名ですが全国的には知名度が低いのが現状です。
f0060569_16394118.jpg

ドイツとかスイスではこのような木質建材の製造段階で発生した廃材やリサイクル材をボード状に成形してポピュラーな建材として利用されていますが断熱材として利用されるのは珍しいのではないのでしょうか?

自然系断熱材としてセルローズファイバー、羊毛等がありますが廃棄されるものを有効利用する断熱材としてはこの「エコプロファイバー」が一番ではないでしょうか?

●公的機関による試験データ(JISA5905905)によれば
熱伝導率(W/m.k):0.042以下
施工密度(g/cm²):0.030±2
ホルムアルデヒド吸着率:91.8%
アンモニア吸着率:92%
耐火性:天然系の防然材で防然処理
耐水性:本体自体に発生があり極めて吸水性が低く、カビの発生防止に有効
害虫防止:杉特有の忌避作用でネズミや害虫を寄せつけない効果がある。

●製造元は㈱ゴショノ
●販売元は(有)断熱工業:TEL0187-72-2797 FAX:0187-72-2798
●お問い合わせは住環境アルテ:Email hiroshi@kirinkan.bizまで

色んな断熱材を使用してきましたが、輸入に頼らず、
秋田県で生まれた断熱材に感心している営業マンでした。


****************
※明日の営業の励みになります。
ご協力お願いいたします。
     ↓
にほんブログ村 住まいブログへ  banner2.gif
****************
[PR]
by houmuhaiji | 2006-09-14 01:22 | その他
<< 床暖房とパネルヒーターの比較 すごい!RC住宅を自分で!作る? >>